スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Don't throw a stone.

2012.07.10 14:18|独り言
昨日、夕方アデルと散歩をしていた時のことです。
河川敷からの帰路で坂道を上っていたら
丘の上からこちらの肩の高さに向かって 
ぴゅ~ん! 

何!? って思ってるうちに二発目が目の前を 
びゅーん!
立て続けに三発目も・・・・
飛んできたのは径3cmくらいの石です。(~□~;)!!

これは危ない!明らかにこっちを狙ってる!誰だ犯人はっ!!
見上げて探せどちょうど雑草が高く生い茂ってて犯人は見当たらない

逃がすまじ、取り押さえるべし!
と、走って駆け上がりながら頭の中でシミュレーション。。
もし変質者だったら携帯で110番だ!
注意して逆切れされて襲ってきたら
持ってるトンカチと杭で何とかかわすぞ!
  (過剰防衛万歳) 』
  

上った先は砂地の広場になってて、
なんとそこにいたのは3人の制服を着た
小学生の男の子たち(推定1年生)。
なんだぁ・・子供のイタズラか・・ 
てっきり大人の不審者だと思ったので

でももちろん注意すべく、その男の子たちに声をかけました。
 「さっき石投げた?」
子供達は私を見ながらも無反応。驚いている様子。。
 「さっき、こっちに向かって石投げなかった?」
ようやく首を横に振って返答する男の子たち。。
 「じゃあ・・石を投げた人を見なかった?」

そう尋ね終えた瞬間、その子供たちの少し奥にいた女性二人の内一人が
「すみません。そっちに飛びました?」
どうやら男の子のお母さん達のようだ。。。
子供が石を投げてるのを知っていながら
そっちに飛んだか?と聞くのは甚だ愚問だとは思いつつも
男の子たちに悪意があったわけじゃないことがわかったので
それ以上追及せず穏便にすませることにしました。

お母さんの「謝りなさい」の声に最後まで謝ることはなかったけど、()
子供ってそういうもんだから私はこれにてグッバイ。
あとはみっちりお母さんがお灸をすえてくれることでしょう。。。

ともかく、アデルとモモちゃんに当たらなくてよかったよかった。


CIMG0815[1]

ママさんがトンカチと杭を持っているのは
トレーニングでアデルを係留するためなんだよ

ひったくりや痴漢の頭をかち割るためじゃないんだって



にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
アデルブログ村
今日も元気にポチっとな~(゚ω゚*)★ 

でもねここだけのはなし、ママさんならやりかねないと思うの

コメント

非公開コメント

プロフィール

アデルの主

Author:アデルの主
予定は未定
問屋の只今
目覚めよ!未完の大器!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。